スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ひーこからのバトンです♪
<<誕生日バトン>>

ひーたんから、回ってきました!!!

Q1あなたの誕生日はいつですか???
5月30日だよ☆

Q2自分の誕生日、その日で良かったと思う日はある???
それはどうして???
特にない。なんでかな???

Q3理想の誕生日プレゼントは???
リング。

Q4現実は???
小物です。

Q5今まで貰った誕生日プレゼントで思い出に残ってるモノはありますか???
元彼から、バイトで買ってもらったティファニーのリング。

Q6逆に貴方が今までにあげた誕生日プレゼントで思い入れのあるものはありますか???
付き合う前にあげた、パーカー。(今は、彼いないです。。ちなみに)

Q7人の誕生日は覚えてる方???
ぅ~ん、まぁまぁ覚えてる方かな???

Q8いつか誕生日プレゼントに恋人から歳の数だけのバラは欲しいですか???
ぅ~ん、花はいつかは枯れるから・・・(キザってる。。

Q9自分の誕生日の月の数だけ回して下さい。(笑)
5月なので、5人よろしく!!!


スポンサーサイト
【2006/08/30 20:36 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
徹子の部屋
次長課長、徹子の部屋まで・・・これは、ス・スゴイ。

徹子「漫才コンビ、今は大変な人気です。次長課長です。」
さっとん「有難うございます。」
準ちゃん「本当に呼んで頂いて有難うございます。これに出るのが夢でしたから。第1印象で徹子の部屋、広~思いましたから。」
さっとん「何畳あるんだと思いましたから。」
徹子「最近、広くなりましたから。次長課長ってどっちが次長で、どっちが課長ってあるんですか???」準ちゃん「よく聞かれるんですけどないんですよ。」

徹子「井上さんは今年の男前ランキング1位。」
さっとん「そうなんですよ、吉本の中でですけども。」
徹子「でも、スゴイですよね。いろんな方いらっしゃいますもんね。」
準ちゃん「男前が少ないですからね。」
徹子「さんまさんとかそうでしょう。」準ちゃん「入ってるかなぁ。そういう。」さっとん「さんまさんは、入ってなかったですね。」
準ちゃん「若手の中の1位ですかね。全部入れると結構下位になるかもしれないですけど。」さっとん「そうでしょうかねぇ。」
徹子「吉本がやったって・・・まぁ、どうでもいいんですケド。」
2人「どうでもいいんですか???」
さっとん「どうでもいい事言ったんですか???」
徹子「それはいいんですが、井上さんは何てったって1位で男前だったんですけども、河本さんの方が、」準ちゃん「ハイ。」徹子「あれでしょうね。」準ちゃん「ええ。ハッキリ言っていいですよ。」
徹子「ブサイクの方の、」準ちゃん「ええ、8位。」
話は変わって・・・。
徹子「笑いながら言っちゃあれですけど、(準ちゃん)貧しかったんでしょ。」準ちゃん「徹子さん、笑いながら言わないで。」
さっとん「でも、確かに貧しかったんですよ。」
徹子「なんか、あれでしょ、1番のご馳走が給食でしょ。笑いながら言っちゃ、だってユニセフの親善大使だもの。」
準ちゃん「給食のお味噌汁には具がありますから・・うちは味噌と汁で味噌汁ですから。」徹子「味噌にお湯が入ってるだけ???」
準ちゃん「それを味噌汁と言いますね、本当は豆腐の味噌汁、味噌と汁だと味噌汁。」徹子「そうか、そこにワカメが入ってるとワカメの味噌汁。」準ちゃん「そうです。焼き飯だったら、焼いた飯。」
さっとん「味付けも何もないんですよ、僕こいつの家でご飯食べるのちょっと苦痛でしたもん。焼きそば作ったって持ってきてたら、焼いたソバでしたもん。本当に味付けも何もしない。」
準ちゃん「その代わり、母親は全力でソバを焼きます。」
徹子「でも、ソースも何もしないの???」準ちゃん「豪快なお母さんですね。」徹子「それすらもネタになっちゃうってスゴイですよね。」
準ちゃん「笑いをやってるから、そうですけども。」
徹子「普通だったらねぇ。」準ちゃん「中学校、高校は自分でもちょっと嫌でしたよ、周りは結構お金ありますし・・話題についてゆけない。彼(さっとん)は持ってるんですよ。なんとか話題に参加したい訳ですよ。だから、わざわざカセットだけ買いに行ったり、僕1人で。」
徹子「よく分からないですけど。」
準ちゃん「よく分からないですよね。やってないと・・・ただ、話題についてつけないんですよ。」
徹子「話題についてゆけない。」準ちゃん「それは徹子さん、今の話。」

コンビについて・・・・。
準ちゃん「僕が誘いました。自分らが行くすべがよく分からなかったんですけども、とにかく学校という吉本の養成所。」
徹子「笑うのが好きだったの???」
準ちゃん「ハイ、ただそんなにレベルが高いとは思ってなかったんですけど就職先がなかったって言うのが1番大きかった、僕の中で。とにかく何かせなあか思うて1番仲良かった井上を
誘った。」徹子「井上さん、就職決まってたんでしょ。」
さっとん「徹子さんがゲラ02笑う位バカですよ。偏差値23とか22か。」徹子「普通は???」2人「50位。」徹子「アハハ、かなりダメだね。でも、漫才出来るからいいじゃない。」「そうですね、社会に出れてる。」徹子「TV朝日お調査で若い男女の人気、高感度1位。全体の中でも11位。」
突然、徹子の要望で、生ネタ&生タンバリンを披露。ネタ中で徹子爆笑。
歌の話になり・・・。
準ちゃん「カラオケとか行かれませんか???」
徹子「行かない。オペラは歌えるけど、オペラがないですから。」
2人「オペラはないですねぇ。」
準ちゃん「聞くのは、好きですか???是非、行きましょうよ。」
徹子「何、歌うの???」準ちゃん「若い歌もボン03。」
さっとん「その為にマスターもしますよ。」徹子「練習するの???じゃあ、もしかしたら、カラオケご一緒に。」
2人「ああ~、良かった。」

今日の徹子の部屋では、色々な次課長知れてよかった!!!でも、徹子さんには、かなりの嫉妬・・・だって、さっと徹子さんの為に歌マスターだよ。カラオケに、一生いたい(笑
確かにさっとんは男前だけど、準ちゃんはブサイクなんかじゃな~い。声を大にして言う。準ちゃんの笑顔に萌え~~。


【2006/08/29 17:19 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
2回目のバトンです!!!
ひーたんから回ってきました!!!
でわ、早速。


指定「さっとん」

☆最近思う「さっとん」
今、色々騒がれて可哀そう!!!

☆この「さっとん」には感動
24時間TVで頑張ってるさっとんには、とっても感動。

#直感的「さっとん」
これぞ、天然の天才。

#こんな「さっとん」は嫌だ!!!
普通過ぎるさっとん。

#次に回す5人(「指定」付きで)

咲月「雨ニモ」
優理「さっとん&準ちゃん」
朱花「2人の仲」
ヒツジ「次課長のネタ」
ちょろ「最近の2人」
良ければでいいのでよろしく!!!
【2006/08/27 07:14 】 | 未分類 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
メレンゲの気持ち
ゲストは、橋本聖子さん&高木美保さん、そして次長課長。

次課長が、出るとものすごいキャ~が。
まちゃみ「もう、次課長キャ~×02言われてて天狗になるなよ。」
準ちゃん「ワ~!キャ~!の中に1人「タンメン」って言ったの誰!?河本ですけど。」
まちゃみ「なんか色々撮られたらしいやないの写真。」
さっとん「え~も~ね~、怖いもんですね。」
まちゃみ「その辺は否定せえへんの!?」準ちゃん「撮られないですよ、、普通言うと思うかな、「怖いですもんね」言うところがポワ~してる。」

家族の話になり・・・まちゃみ「河本も気付けなあかんで、子供いるでしょ。ちゃんと見られてるで。そっくりなブサイクな子供。」
準ちゃん「奇跡な子供。そうですねぇ。」
まちゃみ「びっくりしたことない???」
準ちゃん「井上も知ってると思うんですけど、うちの子供が最初の覚えた言葉が「ごめんなさい」ですから。」さっとん「ゴメンネ×02。」
まちゃみ「奥さんに謝る所見て。」
準ちゃん「ず~っと見てて、んで正座なんか教える訳ないじゃないですか、ちっちゃいのに。それがバタ~ンと正座しとるんです。「ごめんね」正座して。」
まちゃみ「河本さんとこも家族があって、お子さんはいくつになったんですか???」準ちゃん「え~、もうすぐ3歳ですね。」
まっちゃみ「噂では子供使ってせしめてるらしいやないの???」
準ちゃん「せしめてる訳じゃないですけど、頭いいんですよ。だからさっき言ったように人の見て覚えてるとか、ギャグなんかは全部覚えてるんですよ。」まちゃみ「例えば、どんな???」
準ちゃん「ペナルティーのワッキーとかウィーン、お化けの救急車。それは覚えるな言うてんですけど。フォー。全部やりますよ。」
まちゃみ「可愛いな。」準ちゃん「僕のやつも帽子被ってメガネかけて水木しがるのモノマネやるし。」
さっとん「それを僕に見せてくれるんですよ。「ノウエ」って言われるんですよ。NOWAYって聞こえるんで、道がないみたいに聞こえる。どう、どうって。その後にね」「5000円ちょうだい」って言われる。」
まちゃみ「せしめとるやんか。」
さっとん「あらやくば、くれる額を指定してるんですよ。」
まちゃみ「癒されるやろ。」準ちゃん「もう本当に今はそうですね。子供です、1番の癒しは。」まちゃみ「奥さんも仕事に理解あって、家族大事にしてるの???」準ちゃん「ええ、もちろんですね。してます②」
まちゃみ「忙しいやろ。家族と出掛けたりとか。」
準ちゃん「なか2出来ないけど、行ける時は何とか夜、食事行くとか僕が作るか。まぁ、作るのは好きなんです。逆に奥さんが作ったの、手加えるとケンカになったことがあるので。僕は1人で作りたいです。」
まちゃみ「家族がいるから頑張れるやね。」
準ちゃん「もちろんですね、これなかったらちょっとないかもしれませんね。」まちゃみ「ええ話やな。」
準ちゃん「たまには、させて下さい。この話。」まちゃみ「井上から見てても河本頑張ってるの???」さっとん「やっぱ表面では頑張ってるのかもしれませんけど、実際よく家では怒られてますからね。」
まちゃみ「まぁ、それも仲ええんちゃうの。井上は、どうなの。家庭もちたいとか、結婚したいとか思わへんの???」さっとん「全く、思わないですね。無理ですよ、僕。」まちゃみ「頭、おかしいから。」

話は変わって・・・。
まちゃみ「井上さん、撮られてる場合ちゃうで、写真。大丈夫か、大丈夫ですね、写真撮られても。」さっとん「僕、へっちゃらです。」
まちゃみ「あの~、関係のない方なんですか???」さっとん「はい、本当です。」まちゃみ「友達なんですか???」
さっとん「仲のいい1人として見てもらえれば。じゃないと僕何も出来なくなりますよ。」まちゃみ「歯切れの悪い答えどうもありがとう。」
さっとん「何て言えばいいんですか???こういう時。TVで誤解を招くので、喋りたくないんです、僕。あのNGとさせてもらいます。」

準ちゃん、某アイドルに送ったメール。浮気発覚。さっきの家族愛はどこえやら・・・。

さっとんのあの話聞きたくなかったナ。さっとんを信じたいけど、最近ぅち、弱くなってる。じゃあ、何で、フライデーされるの???写真撮られるの???芸能人って、噂になると、必ず否定するし・・・。
でも、それでもぅちは、さっとんいつまでも好きやから。。。
それから、準ちゃんいい話聞けたと思ったらまた、浮気発覚!!!
尚美さんを虎太朗君を大事にしてあげてね。


【2006/08/20 01:29 】 | 未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
修行2
前回の続きです。

徹平「大丈夫ですよ。多分。」
準ちゃん「じゃ、本当にお腹空いてるか、ノリで言って欲しくない。本当に腹減ってる人。」3人「は~い。」

修行の前に食事へ。
そこで、4人が来たのが小田原さかなセンター。
そこでさっとんが小女子を、松野明美。さっとんらしいね。
答えはこうなご。
さかなセンターで準ちゃんはダジャレを披露???
アジ(味)のある男だね。
サバサバしたつっこみしちゃダメよ。
トビウオ(飛ぶよう)に売れるらしいよ。
エビ(AB)型です。
それはタラバ(たられば)の話。
この恨みハラス(晴らす)べきか。
サザエでございま~す。
ここでさっとん、この企画だけ飛び込むような感じと・・・。
さかなセンターの奥、どんへ早速食事を・・・。

ご馳走を食べたさっとんは、何味か分からんけどウマイ。この世の終わりや。(彦摩呂さん風)
さっとん、何味か分かんないの~。しっかりして~~。
そこで、さっとんビールを頼む。
準ちゃん「誰やコレ頼んだの。」さっとん{ウエンツ、指指す。}
ウエンツ「頼んでねぇよ。」
準ちゃん「酔っ払ってココ行ったら、本当音なるで。」
ウエンツ「飲みたいんだから、飲ませてあげればいいんじゃないですか???」さっとん「厳しいやお前。いつからかたぶつになったんや。」
準ちゃん「恐いねんで、これでお蔵入りになんのが。」

さっとんからウエンツへ金目大のおすそわけ。
準ちゃんからウエンツへまぐろのおすそわけ。
食事中に準ちゃんへtelが・・話終えると3人はいない。
御代を請求されると、準ちゃん「おめぇらに払う金はねぇ。」

今度は海へ行きたいと言う3人。
徹平「海、行きたいなぁ。」さっとん「お前、そんなに海行きたいんか???」徹平「ビーチに行きたい。」
準ちゃん「ビーチって言うのは大体、浜辺があってVとかが立ててある、」さっとん「お前、やめとけ。」準ちゃん、抱きしめてなだめる。「もう、よしよし。ケンカ両成敗。」そこで、男の対決提案。
ルール不明の割り箸対決。
準ちゃん「やったら、和尚のとこ行くで。」
さっとん「それ、見て判断するから。」

徹平の優しさに根負けして結局海へ。

さっとん、食事や海なんて場合じゃないよぅ。けど、麦わら帽子かぶって、2人になじんでるよ。そこに萌え~~です。
それと、ウエンツいいなぁ、だってさぁ、金目大を口に「あ~ん。」だよ。うらやましいよねぇ。ウエンツになりたい!!!



【2006/08/19 22:21 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
修行1
今回の雨ニモは、修行です。夏休み特別編修行ロケ。
準ちゃんが、冒頭から1人でハリきっていたがあとの3人がいない・・。すると、3人がベンチで休んでいる。
準ちゃん「エエ加減にせぇ。コラ~。」
ハリきる準ちゃんとは逆に完全に遊び気分の3人。
ウエンツ「海~。」準ちゃん「海とか言うナ。」
ウエンツ{網で準ちゃんを捕まえる}「サメだ~、捕れた~。」
準ちゃん「捕られた、夏の風物詩。修行や言うてんねん。アホ~。今回は。」3人「修行。」
準ちゃん「修行、人生挌闘家に負けないように修行するって言うてんのに修行の体勢ちゃうやん。虫捕りと浮き輪して海や、1人(さっとん)何も聞いてへんやん。」
ウエンツ「だってねぇ、WAT久し振りに外出るから。」
準ちゃん「久し振りって徹平なんか初ロケやん。」
徹平「遊びに行きましょうよ。」
準ちゃん「初ロケのテンションでこんなにくずせんねん。ものすごい度胸あるやん。やろう、ウエンツ早く。」
ウエンツ「何を、修行???修行は聞いてますケド。」
準ちゃん「修行聞いてるのに、何でこれやの???今回、これやるの。」
WAT「何コレ???」
今回4人が挑むのは過酷な滝修行。
しかし、ウエンツはマヂでケガをしていて水に入ってはいけないので、準ちゃん側に。そうこう話をしているとさっとんと徹平はゾウをのん気に見ている。準ちゃん「あのボケ~。」ウエンツ「ナイス、ナイス!」
さっとん、ゾウを見て「うめこ~。」

準ちゃん「メイクさん、ちょっとメイク落としてもらえますか???滝に打たれる言うてんのに何でドウラン塗ってんねん!何でワックスつけてんねん!ボケ~。ちょんとせいや。滝に打たれるんやから修げい×02じゃねぇ修行ボケ~。」
徹平「河本さん、お腹空きました。」さっとん「そりゃぁ、そう。」
徹平「僕ら朝から何も食べてませんから。」
準ちゃん「なぁ、会話しようや。」さっとん「腹、減った人。」「は~い。」準ちゃん「いや、だからお腹いっぱいなったら滝打たれと眠たなって倒れたら白目なって終わりやで。」
徹平「元ウォーターボーイズ」準ちゃん「ウォーターボーイズか知らんけど、上からのウォーターボーイズくらったことないやろ。ある、こっからのウォーターボーイズ。」
ちょっと、長くなりそうなので、続きは次回ということで・・・。
【2006/08/19 21:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
初バトン受けさせてもらいます!!!
お初です。
早速、いかせてもらいます!!!!

Q1「じ」の変換候補上位は???

1位次課長2位時間3位自分4位じゃあ、5位地味

Q2「か」の変換候補上位は???

1位かず2位火曜日3位カキコ4位体5位借りる

Q3「ち」の変換候補上位は???

1位チョット2位違う3位調子4位昼食5位遅刻

Q4「よ」の変換候補上位は???

1位良かった2位ヨロシク3位予定4位夜5位曜日

Q5「う」の変換候補上位は???

1位嬉しい2位浮気3位海4位嘘5位噂

Q6Q5の第5位から第1候補のみで文を作ってください。

うちらの間でさっとんとあず02の噂は、さっとんを信じよう!!!

Q7次の人に回すひらがな5文字をどうぞ。

いんぱるすで。(次課長とは、全然違くてごめんなさい!!!)

Q8回す5人をどうぞ。

ひーこと同じく、やりたい人はコメして下さい!!!
お願いします!!!
【2006/08/05 00:38 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
遠距離恋愛
6月の末から7月かけて、準ちゃんがドイツに行ったのでおみやげを・・・。(本人はTシャツと言い張る)
準ちゃん「体のサイズが分からなくて。」
さっとん「ワンピースちゃうん???どこまで隠せばいいの???」
徹平「9歳から10歳までって書いてありますよ。」準ちゃん「知能がでしょ。」ウエンツ(笑う)徹平「どうした???」
ウエンツ「4歳までって書いてある。」さっとん「XSやん。これ。」
準ちゃん「井上さん、次ルミネで。WATはライブでね。」
今回のゲストは、阿川佐和子さんです。
では、相談は???
「交際暦3年(遠距離になって2年)ミュージシャン志望の彼がいます。「先日「東京で一緒に暮らそう」と言われましたが私は最近やっと社員になったばかり・・・どうすれば???」
準ちゃん「井上さん、経験ありますか???」さっとん「ありますよ。5キロぐらい。」準ちゃん「5キロ???市内???」
さっとん「1M超えたら、遠距離です。」準ちゃん「どんだけ寂しいか。遠距離はありますか???」徹平「遠距離はない。」
準ちゃん「僕は遠距離で結婚しましたから、今の奥さん。」
ゲスト「えらい、こっち座った方がいいんじゃない???」

さっとん「就職きめてるんでしょ。」準ちゃん「正社員です。」
さっとん「こっちの事考えずに決めてるんでしょ。もう、行かなくてもいいと思います。」
自らお将来を考えて就職したなら上京する必要はない。
ゲスト「東京来て美容師をしようと言う考えはないのかしら???」
さっとん「だから、東京来て1からでしょ。」
ゲスト「そうかなぁ。だって、手に職もってるんですよ。」
さっとん「そりゃ、手に職持った人の祭典ですから、東京って。全員カリスマに見えるんじゃない???」準ちゃん「私なんかじゃ、無理だと思っちゃう。私も遠距離で2年間。」
ゲスト「2年間遠距離でその前は何年間付き合ってたの???」
準ちゃん「最初からが遠距離。1ヶ月に1回しか僕らは会えなかったんですけども、その1ヶ月に1回がものすごく内容が濃い訳ですね。マンンネリ化なるよりかすごく充実した。」
ゲスト「月に1度しかごちそうを食べるみたいな。」
準ちゃん「毎日、ステーキ美味しいですか???月に1度のステーキはたまらんですよ。」ゲスト「29・30日の間は他に心変わりしなせんでしたか???」準ちゃん「まぁ、そうなるとね。」
ウエンツ「他のステーキ食べてるじゃないですか???」
準ちゃん「それは、ステーキじゃないの。ムニエルなの!ムニエルも食べたい、野菜とか、月に1度高級な野菜。」さっとん「温野菜。」
ゲスト「毎日、美味しいもの食べてたの??」
さっとん「こいつ、グルメなんです。」
(自らの経験から)彼と将来一緒になる事を決心しているならば上京すべき。

最後に・・・。
準ちゃんの遠距離について。。。
準ちゃん「2年間、続けると言うのは定期的にと言うのも必要になってくるんですよ。これが、1ヶ月に1回が2ヶ月に1回になると倍しんどいですから。」ゲスト「苦しくて、苦しくて。」
準ちゃん「たまんないですよ。」ゲスト「息も絶えないみたいな。」
準ちゃん「尚美~~~。て言っちゃい」ましたよ。」
ゲスト「今でもそういう気持ちは、続いてるんですか???」
さっとん「家で、遠距離ですんもんね。」
準ちゃん「家で遠距離、やかまし、アホ!家で遠距離、密着してます。」ウエンツ「らしくない。」準ちゃん「ばかやろ!テメイ!」(たけしのマネ)
さっとん「家で遠距離じゃねーか。」準ちゃん「そんな事、言っちゃいけない。一緒に寝てるよ。バカ。」
さっとん「嫁が言ってたゾ。一緒に寝てくれないって。」
準ちゃん「うるせい。それ、言うんじゃねぇ。」
ゲスト「そうか、遠距離って場所の問題じゃないんだ。」

準ちゃ~~ん、結婚前って毎日美味しいもの食べてたの???
それから、尚美さんさっとんに相談されたの????でもさあ、尚美さんから、さっとん相談されて、「じゃあ、俺が寝ましょうか???」って言ったんでしょう。それも、それで尚美さんいいなぁ。でも、可哀そうでもあるか。う~~ん、困った話???
浮気は、ダメ、ダメよ。
それと、今回さっとん意外と普通の答えだったね。(失礼)
【2006/08/04 01:21 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。